« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

今季のオフトレ

今日は岩手に出張中です。 戦略構想どーたらこーたらのWEB教育を
一夜漬けでこなしながら、またまた、ちょっとブレイク。。。

来季に向けてのオフトレに何かアクティブなスポーツもやりたいなーと思う。
週に二回くらいはやりたい。 汗をバリバリかくスポーツ。

ゴルフはとても楽しいけど、フィジカルなトレーニングにはならないしなあ。
本当はシンメトリーなランニングや自転車が良いと思うけどゲーム性が
無く、ストイック過ぎてきっと続かない。

実はサーフィンとかウェイクボードとか海系のスポーツにあこがれてるんだ
けど、かなづちなのと、山梨じゃ気軽にできないし、初期投資もかかるなあ。

うーむそうするとやっぱテニスとかが気軽でいいかなあ。肩痛とかでご無沙汰
だったけど、また定期的に始めようかな。 スキー仲間を誘ってみよう。

今年は筋トレもするぞ。 カーツもタンスにしまいっぱなしだから、また引きづり
だしてやらなきゃー。 ああそうだインラインもあった^^

よし!スキーを履くのも終わったし、6月から意識して開始するどー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

05-06終了!そして06-07へ!!

今週も出張つづきで、富山に来ています。

明日の仕事の資料を作りつつ、ちょっとブレイク中。

先週の野沢で今季は無事終了。大きな怪我も無く、まともにすごせたのは久しぶりだ。
振り返ると国体に初めて出れた年以来だ。 本当に感慨深い。。。

ちょっと振り返ると。。。

00-01 神奈川県のBから初めて国体に出場!たったの2ターンで転倒(T_T)

01-02 好調で良い練習できてたけど、年末鈴蘭で転倒して右膝の靭帯を損傷。。
      そのままシーズン終了で治療に専念(T_T)  3月頃には少し滑ったかな。

02-03 岩手に転勤。膝は完治して、シーズンインはきっちり練習こなせた!
      しかし予選は失敗。その後の草レースで右膝前十字をぶっちり断絶 (T_T)
      春には皆川選手が手術した一年後に同じ病院に入院して、同じドクターに
      オペしてもらった。。。

03-04 少しずつスキーを始めたけど、まともに滑れず。。自分の足が自分じゃなく
      なっていた。。。(T_T)  春には草大会に出てポールも滑ることができた

04-05 山梨に転勤。オフにはリハビリ頑張った。 シーズン入って本格的に練習を
      始めたが、練習と膝の腫れとの闘いだった。 練習すると階段もろくに歩け
      なかった(T_T)  年始に転んで左膝も痛めるも 吉田先生に治してもらい、
      なんとか山梨予選を通過したが、本番は74位 (T_T)
      しかし本番二日前の練習で転倒して、左肘靭帯損傷してしまっていて、
      腕を曲げることもできずそのままシーズン終了。。 
      GWには試乗に行くことができました。

05-06 今季は手術した膝は問題なく、練習しても腫れたり、曲らなくなることは
      なくなり、全然気にならないレベルまで戻ってました。
      滑りも少しずつ、自分の中で切れ感や手ごたえが感じられてきました。
      しかし期待した予選はギリギリ通過で本番は転倒してしまった。。(T_T)
      でも今季は小さな怪我はいくつかあったけど、シーズンを通して、先週まで
      しっかりスキーをすることができました。たぶん12月から先週までで滑らな
      かった週末は片手で足りる程度。自分の中では頑張った^^

06-07 来季は自分の目標の国体C組の最後という噂も流れている大事な年。。。
      今年の手ごたえを来季につなげて、一段進化して絶対に結果を残したい。
      メンタル、フィジカル、テクニック、マテリアル。。。出来ることはやっておきたい。
      そして一つ上の確固たる実力を身につけたい。偽物じゃなく本物になりたい。

      応援している皆川選手も手術後4年目のトリノで活躍した。
      おいらも来季は4年目。マテリアルもアトミックにチェンジする。
      皆川選手にあやかって!? 輝きたいもんだ^^
      
      予選を1位通過して、本番で満足いく滑りをして、結果を残すぞー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

野沢温泉トレーニング!

今週末は日曜日に野沢温泉のトレーニングに行きました!

連日の出張と前日土曜日のゴルフで超お疲れモードでしたが、
気合で朝5時に出発!朝の8時前には野沢温泉に到着しました!

ゴンドラでやまびこゲレンデまであがるとまだまだ豊富な雪で
とても5月も後半とは思えない状況。

Dsc00365_1
この時期としては最高の状況!



で、今回は来季フィッシャーを試乗メインで、軽く最終確認したい
程度に考えてましたが。。。 着いていきなり「大会のつもりで」ときた!
前走の野沢温泉若手ホープ 吉越一平選手でなんと70秒!?
の超ロングコース!!

中緩斜面だけど、結構負荷のかかるコースで 後半になると太もも
乳酸でまくりで、よれよれゴール 73秒後半でした。これを二本滑っ
らもうジエンド状態。。。 足の疲れが戻らないうちに、すぐに滑ると
乳酸がリセットされてなく、ほんとにその後に動けなくなる。
(二本目は3秒も落ちたし。。。)

しかしこの時期にこんなロングセット滑るとは思わなんだ。
というかシーズン中でもほとんどないか ^^; 素晴らしい!!

このあと練習はコースを前半と後半を50秒台のセットに区切り、
後半のセットは計時してのトレーニングだったので、ここでフィッシャ
の試乗をしました。

◎一番目 07 フィッシャー188cm  ・・・ 51.9秒
今季のフィッシャーと比べると、たわみとサイドカーブを感じて、
回転性はとてもよくなった感じ。 重量感は相変わらずしっかり。
ちょうど05モデルと06モデルを足して二で割った感じでした。
速く滑れる可能性を秘めてると感じました。

◎二番目 06 アトミック+ブラック 186 ・・・50.7秒
奥志賀の試乗同様 切れ味とたわみを感じ、掘れたバーンや穴
があっても潰れることなく、前にツルーンとグリップしながら進ん
でいく感じで、柔かい雪でも崩さずカーブできたと思います。
ただ所々ミスでアンダーも出ました。

◎三番目 06アトミック+ブラック 186 ・・・ 51.9秒
二番目と同じ仕様の友人板で滑る。今回はミスを注意して、
しっかり滑って、ほぼノーミスで滑りましたが、結果タイムダウン。
大事に滑りすぎたか、板が滑らなかったか。。。

試乗としてはコースが長くて難しい部分もあって、比較しずらい
状況ではありましたが、心残りだった07フィッシャーにも乗れて
気持ちの整理がつきました。 来季はアトミックでいくぞー!!

練習後は 温泉入って、温泉饅頭買って、帰りました。
いやはや疲れた。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月17日 (水)

脱コンタクト。。。

先日ついに近視手術の適正検査の予約をした。

大手の品川近視クリニック神奈川近視クリニック の二ヶ所
6/18と25に行ってみるつもり。

今やどちらもイントラレーシックが20万を切るのね。。。
ちょっと前は50万円で安くなったと言われてたのになあ。

今年もそうだったけど、とにかく滑っていて、コンタクトが外れまくる。
特にポールや大会の時にひどい。集中して目が見開いて瞬きの
回数が減るからか?、滑り始めるとコンタクトが浮きいてきて、、、
ま!まずい!と思うと次には瞬きでぐしゃっとコンタクトをつぶして
ポロリととれる。。

まず少しでも浮いた時点でポールに対する集中力が一気に低下して
全く攻めれなくなる。外れたらその時点でジエンドで滑りきれたとして
も話にならない結果となってしまう。。。 何度となく経験してきた。

こうならない為に大会の時は朝からスタートまでとにかく目薬をさしま
くる。スタート前にはワンピの首のところに目薬を入れて直前にもさし
まくる。これで大抵は大丈夫なんだけど、それでも外れてしまうときが
ある。 年々目に潤いがなくなっているのか。。。(T_T) 

一番嫌なのは、スタート前の集中しなければいけない大事な時間が
コンタクトが外れないかの不安と目薬さしに費やされること。

それとコンタクトはどうしても眼球の動きへの追従が遅い気がします。

ものすごい動きとスピードの中で、雪面の状態やセットを一瞬、一瞬
正確にとらえることがとても大事だと思います。ターン毎にミリセカンド
レベルで状況の認知が遅れ、それによりまたミリセカンドレベルでも
始動や動作が遅れいけば、スタートからゴールまでトータルでかなり
の影響があると思う。

一年を費してのぞむ大事な大会をコンタクトがポロってとれたなどで
台無しにするほど、今の自分にとっての一年は軽くない。

検査結果と費用の工面次第だけど、、、目を治して、少しでも不安を
取り除き、少しでも速く滑りたいー!!

それと最近かなりデブってしまってちょっと絞らないと。今週もずっと出張で、
日曜から 山梨→長崎→岩手→赤坂→三重→山梨 と息つく暇がない。
やっぱ出張先での飲み食いがいけないんだなあ。。。 反省反省。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

ブーツと板

ブーツと板の相性も今年のテストでは考えさせられた。

今年はブーツが外を向いているモデルが話題だ。
レクザム、フィッシャーのSOMATEC、ドーベルマンのアグレッサー など。

人間の足はたいていが外を向いていているので板も外を向いてしまうが
それがパラレルにでき、ターン前半の捉えや回旋性能も向上するそうだ。

今回試乗して思ったが、ターン前半に板が自動的に内側に入って来る板
とそうでない板があった。

サロモンやアトミックなどのキャップスキーはぐんぐん内側に入ってくる。
またマイフィッシャーなどは外に向いて落下していくような感じだった。

外向きブーツで内側に入ってくる板を履くと回旋しすぎてターンが詰まり、
始動しずらい板や縦に走る板にはとても効果的な気がする。逆に曲がっ
くる板に対しては通常のブーツが良いような。

あと大事なのは自分の足の向きがどうなのか?

外を歩いている沢山の人の足元を観察してみるとこれは面白い!
みんなすごーくバラバラ。 凄い外向きに人もいれば、内向きの人も、角度
もみんな様々。違うもんだなあ。 自分はどっちかというと平行な気がする。
歩いていても、リフトに乗っても板が逆ハの字度が人より少ない。

そうすると、自分はターンの巻き癖もあるし、板はアトミックを選ぶとすると、
外向きブーツはあまり合ってないかなあ。。

ブーツはアトミックを継続することにしよう。

これからは板のトーションとブーツのサイド剛性のマッチングだけじゃなくて
板の回旋性能とブーツの向き?重要で、ブーツチューンも足の向きに合わ
せた角度調整ってのが有効そうだけど、そういうチューンも出来るのかな。

なんか道具のこと考えてるだけで、来季が楽しみだ^^

| | コメント (7) | トラックバック (4)

2006年5月 7日 (日)

GW終了。。。

長い休みも今日で終了!
スキーのテストやゴルフや買い物など色々こなしたなあ。

買い物といえば、代官山のPEAK PERFOMANCEに行きました!
私の超お気に入りのスウェーデンのスポーツウェア ブランドです。

Dsc00348


PEAK代官山店
店員さんも話しやすくて
いい店だ!



年に1、2回?山梨からくりだして、スポーツウェアを物色したりします。
今回は私はゴルフウェア、カミサンはデニムパンツを購入しました^^

SOS などにも行こうと思いましたが、PEAKで予算消費完了でそのまま
ブラブラして帰りましたー。 北欧ブランドはカッコいいなー。

さあ明日からまた仕事だ!完全やすみぼけで復帰できるかな。。^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

奥志賀 テスティング!!

GW 3-4 と奥志賀に来季モデルのテストに行きましたー!!

Shiga1

2日間とも晴天の春スキー日和


3日はバリエーショントレーニングで4日に集中的に色々なモデルをテストしました。
奥志賀の第四リフト脇の緩斜面のコースをパックして、20秒弱の長さのGSセット
5月にしては、そこそこの安定条件で良いタイム&フィーリング比較ができました。

Shiga2

いろんなモデルの試乗は楽しい!!



自分が素直に感じたフィーリングやなど素直に書きますが、あくまで主観ですので
あしからず。 皆様の意見や試乗の感想も教えてほしーす!

【07 ブリザード 185cm】 ☆☆☆
今季話題のブリザード。 ミラーや佐々木がテストで良い結果でチェンジとの噂も
ありましたが、ブリにサポートできる体力が無いからそのまま継続らしい。。!?

サンドイッチ特有のしなやかさが有り、スキー板全体が均等にしなって、トップから
テール全体でターンの最初から最後まで均等にグリップする感じです。
重さも感じなく、非常に軽快でドライな感じです。グリップ感は弱めに思いました。
ちょっと荒れた所ではパタパタばたつき感があり、少々こころもとない。。
ターン感覚もタイムも平凡で印象は 「問題ない」 でした。
とても素直な感じではあったので、エッジのチューンナップ次第で自分色に作って
いけるかなという雰囲気はありました。

【06!? フォルクル選手用 190cm】☆☆☆☆
来季も同スペックで継続だそうで、JOKER富井次郎さんの乗っていた板を履きました。

190cmとは思えないバランスの良さを感じました。サンドイッチなので当然しなやか
で、扱い易く長さを全く感じず、ターン中も適度な安定感とグリップ感、そしてウェットな
私好みの感触がありました。とくに秀逸なのがターン後半のテールのとらえと推進感。
緩斜面でシャープに前へ前へ、ぐいぐいつなげていけました。
タイムもコースの前半1ターン失敗したのを十分取り返せるような、後半の走りで悪く
なかったです。 緩斜面コースにはとても戦力になりそうな 好印象の一台!

【07 サロモン選手用 LAB 185cm】☆☆☆☆
赤のサロモンから一転、黒というか濃紺へ、トップの形状がとんがり型から丸型に
なってましたが、他のメーカに比べると明らかに幅広です。
若干短くなって(187→185) プレートも(一体→セパレート)になって曲がりやす
そうです。

まずとても軽くて、とにかく楽でした。自分のフィッシャーと比べると、初心者モデル
を乗ってるんじゃと思うほど。ターン前半は広いトップで板が勝手にとらえはじめて、
グリップのベースを作っていてくれます。グリップされている前提でそこへ安心して
乗っていくと板はヒュン!ヒュン!と回転してくれます。 ターン中のグリップ感は弱
めで、ふわふわ浮いているような、不安定さも感じましたが、一つ一つのターンを
大事にするより、左右のターンやコース上から下までの連続感、ミスをしない易しさ。
ミスをミスにしないリカバリーのし易さがあり、トータルでタイムを出せる一台だと感
じました。テストタイムも良かったです。
柔かい雪でも硬い雪(エッジギンギンで)でもシチュエーションを選ばないと思います。
友人の茨城国体選手のK君は即購入決定^^
長さは185で物足りない感じがあって、あまり難しくないコースなら、一つ上191?
でも良いのではないかと思いました。

【06 サロモン 選手用 LAB 187cm】☆☆☆☆
愛知Bの国体選手 Iさんの板をお借りして、来季サロモンと感覚を比較しました。

感覚は基本的に同じですが、若干グリップ感や安定感が強い気がします。
長さも適当で、個人的には今季のモデルの方が良いような。。。

【06 アトミック 選手用 ブラックプレート 186cm】☆☆☆☆☆
友人の山梨S君の板を借りていきました。センターのグリップ感を高める為、
オークションで落札したWCのブラックプレートに交換したものです。

まず軽くて、よくたわみます。同じキャップのサロモンと似た感じもありますが、
センターより少し前からテールまで、非常に強いエッジグリップ感があります。
一回噛んだら絶対離さない強さもあります。しかしトップの幅がそんなに広く無い
というか効いてないので、下に落としやすく、スムースにとらえていける感じです。
サイドカーブではなく、たわみで曲がっていき、左右のターンの連続と、たわみと
開放の連続とが一致する感覚が味わえました。
自分の板と比較するとやはりサロモン同様、扱い易く、リカバリー性能が高い
と思いました。 ちょっと失敗したターンでも軽さと反応でいっきに元に戻せる事
を体感できました。 タイムも安定して良い結果が出て、良い板だと痛感!!

【07 アトミック 選手用 ノーマルプレート 186cm】☆☆☆☆
アトミックのデモモデルの柄で岸昇治さん使用の板で営業マン一号と書かれて
ました^^、国体でも松田冨士人選手のアップ用に貸したけど調子良かったから
本番でそのまま使って!? 優勝したらそうな。。。(聞き間違いかも)
来季はこのモデルが選手用のGSとなるそうです。 少し板の肉厚が薄くてより、
しなやかになるそうです。

乗ってみるとやはり、今年の選手用をさらにしなやかにした感じです。よくたわんで
よく曲がります。薄さが原因かエッジ間はよりシャープになった感じもあります。
タイムも今季のアトミックとこのコースでは ほぼ同じでした。ただ自分の感覚だと、
ちょっと柔かすぎてこしが無い感じです。06モデルの方が良い感覚でした。
これにブラックプレートつけてみたいなあ。。。

【06 マイ フィッシャー 188cm】☆☆☆☆
今季を通して、はじめは苦労しながらも共に戦った相棒!!

今回試乗した他のメーカーと比べて圧倒的に重い!重戦車だということを改めて
認識^^; サンドイッチというかBOX構造って感じで、強いトーションを感じますが、
あまりたわみは感じません。 ブーツセンター中心にあまり広い範囲ではないですが
強烈なグリップ感があり、小さなのバーンの荒れは切り込んでいける強さがあります。
ターンの感覚は自分から圧をもらいにいき、一生懸命曲げに行こうとする意識が
働らいて、その分 1ターン毎に頑張る感じになり、左右の流れが作り難く感じました。
タイムはバーンが整っている時にしっかりターンとつなげることが出来ると圧倒的な
タイムを出すことができましたが、逆に大きな荒れなどが出てポジションが崩れると
重たい板に引きずられて板を素早く戻すことができずに、致命的なタイムロスをして
しまうことが分かりました。両刃の剣といったとこでしょうか。。。

来季のフィッシャーは今年のサイドカットでしなやかになったそうで、興味はあったの
ですが、残念ながら今回は乗れませんでした。

【結果】
まだまだ書ききれないいろんな思いがありますが、結論としては自分はアトミックが
今回の試乗で一番良かったと感じました。 これは全然×というモデルも無かったの
で、どこのメーカーも選手用は熟成されているんでしょうか。。。
しかし試乗はほんと面白い!自分の技術やマテリアルを見つめなおせるし、色んな
発見もあるなあ^^ 来季も頑張らにゃー!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »