« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

第一初期浸透終了

先週から一週間ばかり、ドミネータのHX99を浸透をしました。

ぽかぽか一回約二時間前後を今日まで5回。
計5poka 実施!!

Poka22 Poka23

うまく撮れてませんが、
泡々はだいぶ発生しなく
なりました。




これで初期の浸透を終了します。
しかーし、かなり高粘度のネバネバのWAXを塗っている
ので滑走面もスクレイプしてもべたついている感じです。
しかしこのWAXが、この後徐々に硬くしていくWAXをしっかり、
浸透させるつなぎ役になると思ってます。

今週からは同じくドミネーターのRENEW ZOOM を浸透させていきます。
このWAXも初期の浸透やクリーナーとして結構多用します。
柔らかいWAX成分と硬いWAX成分がブレンドされていて、柔らかい
成分は滑走面の奥に浸透し、硬い成分は滑走面の表面に集中する
そうです。
ドミネータ曰くこれを2~3回塗るってブラッシングするだけ
でベース作りが完了すると言ってますが、 そこまではどうかな。。。

Poka24
今週からこいつを塗って
ぽかぽかしていきます。



自分としては、実際使ってみて、研磨用の硬いWAXとして考えて無く、
このRENEW ZOOMも基本的には高粘度ネバネバ浸透密着系ですが
HX99と比べれば若干固めだし、グラファイトも入れておきたいと
いうことで、こいつを単に第二初期浸透に使うことにしてます。
磨きにはもっと硬いの使わなきゃ!

このWAXはとても使えるWAXなんですが、難点はグラファイト入りで
黒いので、板やWAX台やカーペットが真っ黒になること^^; 
ちなみにおいらのチューン部屋はWAX垂らし前提で、
バイス台の下のカーペットは WAXの道が出来ています。。。

Poka26

汚ねえです。。



今週も相棒を育てるぞー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

脱コンタクト⑥

手術をしてから、3週間近くたちました。早いもんです。

1週間後の検診も山梨の地元眼科でちゃんと診てくれて
視力は両目共0.1⇒1.5!^^ 状態も問題無しとのこと!

眼に少し残っていた異物感も全く無くなり、乾きやすくなって
いたのも日に日に改善されてます。

それから今週 N生命保険から手術給付で10万円振込み
もありました! 結局手術費用は58,000円でしたー♪
生命保険ありがとう。

明日はテニスをやるけど、動体視力なんかもあがったりし
ないかしら。。。

むうー早くスキーがしたい!!

さあ今日もせっせとWAXやんなきゃ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

ぽかぽか時の板の温度

今夜も出張から戻ってきて、ぽかぽか継続してます。

一度スクレープして、HX99を再度塗り直して、60℃に設定して
2時間ほど浸透させました。 順調順調♪

この時点では、まだスクレープやブラッシングでの研磨はやりません。
まだ浸透段階だし、WAXも柔かく、ベースも柔かく、ストーンで磨かれた
滑走面を逆に悪くしてしまう感覚があるので、もっと後から始めることに
しています。

ところでぽかぽか60℃設定の時にWAXが融けている状態での滑走面
の温度がどのくらいかチェックもします。

だいたい50℃~52℃くらいです。板のトップからテールで全て均熱
がとれているわけじゃなく、1、2℃の若干のばらつきはあります。
ぽかぽか内も二点で温度制御してますが、完全に温度が均一という
わけではないです。 2時間以上、長時間おけば60℃に近づいていくと
は思います。

Poka20

このように触れずに計ります!




WAXの融けた滑走面の温度測定には、赤外線温度計を使います。
会社のスキー仲間から紹介してもらったものですが、
非接触で瞬時に温度が測定できるので、とてーも便利です!!

Poka21黒いのはOPTEXのQT-2
白いのははコジマ電気でかったTN006
説明に氷や雪が計れると書いてありますね。
レーサーには必需品!


シーズンには雪面の温度も測れますので超便利です。ポケットに入れて
おけば、ささっとスタートからゴールまでの雪面温度を滑りながらチェック
したりできますし、練習から常に雪面温度を測って滑る癖をつけて、
どのWAXぬったら、どうだったかを把握できるようにしています。

2000円弱で買えるので皆さんも是非お一つ!!
ちなみにアイロンの加熱面などの、金属光沢面は誤差が出てしまうので、
黒色などの耐熱テープを貼って、測定しなければいけません。

今夜でHX99を 3ぽか実施。。まだまだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月26日 (水)

ぽかぽか施工

相棒アトミックへのぽかぽか施工を開始してます!

ドミネータのHX99をアイロンを低温設定で優しくHOT WAXした後に
ぽかぽか君へセットします。

設定温度は60℃で 「ふぁん・・・。ふぁん・・・。」と加温を行います。
柔かいWAXならばこの温度で十分融けてきます。
融けた状態で 一回 に1~2時間放置します。

Poka19_1見にくいですが、しっかりぽかぽか内でWAXが融けてます。
暖めすぎは板に悪影響が出るのでで要注意!
特にCAPスキーは内部の発泡材などが熱で膨張する
ので滑走面が膨らんだりします。

WAXの浸透しはじめは、ぽかぽかして少し時間がたつと小さな泡が
吹いてきます。 乾いた滑走面の空間にWAXが浸透していく代わりに
空間から気泡が上がってくるのでしょうか。。。染みてる感じでうれしい^^

Poka18
こんな感じに浸透初期は泡を吹きます!

まずはこの泡々が出なくなるまで
柔かいWAXでのぽかぽか施工を
繰り返し続けることにしています。

日曜 2時間、本日2時間 ぽかぽか施工して、
30分程度放置して室温まで冷やしたあと、一度スクレイプして、
再度HX99をHOT WAXしました。

また週末にかけてぽかぽかしていきます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ぽかぽか君のご紹介

副題にもあるぽかぽか君とは。。。

確か2000年頃だったかな、TOKOのサーモバッグ システムが日本に登場
して話題になりました。 WAXが融けた状態で長時間維持しておくと滑走面
の内部までWAXが浸透するという方法!

システムは100万円で一部のチューンショップに導入されて、施工は
当時一回1万円くらいしてたでしょうか。 効果は理解できたんですが、
ただ暖めるだけで1万円!?。。てことで、2001年の春に自分で作ろ^^
と思いたち、色々失敗を繰返しながら、ゴールデンウィークをつぶして
作ったものです。今でもガンガン活躍中!
ちょっとどんな構造しているのか説明しますね。

Poka10_1銀色の棺おけ!? と見間違えるHOT BOX
板がぽかぽかあったまって喜ぶように
「ぽかぽか君」と名づけました。おバカね^^;


ホームセンターに行き、スチールフレームで骨組みを作り、カバーは
テントの床などに敷く、アルミの発泡シートを使いました。

ヒータは色々試しました。布団乾燥機、コタツの赤外線ヒータユニット。。。
ことごとく失敗し、結局、二台のハンズフリードライヤーを採用。
会社に不用品で転がっていたオムロンの温度調節器と温度センサーを
を拝借して、それぞれのドライヤに接続。
オンオフ制御で目的温度に1℃単位でコントロールができます。
加熱開始時は、「フォーーーー!」 と連続的にドライヤが作動して、
ぽかぽか君内の温度が上がっています。目標温度に近づくと、
「ファン・・・。ファン・・・。」 とオンオフし始め、設定温度で一定制御してくれ
ます。 温風が内部で対流する形にしました。

Poka13_1内部画像です。(CONFIDENTIAL!?なんて^^)
スチールフレーム&断熱マット の軽量断熱構造!
200cmくらいまでの板が4本入ります。(人も入れます)
材料費は一万円くらい。

ハンズフリードライヤの対向に温度センサが設置されて
いって、温風が内部でくるくる対流します。

Poka14オムロンの温度調節器
・オレンジが現在温度
・グリーンが設定温度
こんな感じに目標温度にコントロールできます。
常温~80度くらいは制御できます。(それ以上は試してない)
買うと数万円くらいするかな。


Poka15ハンズフリードライヤ。300W~1200Wの出力調節ができます。
温度調節器が500W以下なので、300Wで使ってますが、
それでも70度以上の制御が可能です。
オークションで1000円くらいで手に入れました。

Poka12
温度センサーはK型の熱電対です。
この出力を温度調節器に取り込んで制御します。


Poka16
ヒータはBOXの底に設置。板はBOXの上の方に設置。
段差をつけて、吹き出し口の熱風が板に当たらないよう
にしています。

Poka17
アクリルの透明窓をつけて、
WAXの融け具合を外から確認できます。



ぽかぽか君はこんな しくみになっています!!
そうそう、温度調節器やセンサー なんかは余ってるので、
自作したい方 いらっしゃいましたら 無料でお譲りしまよ!

次回からは実際のぽかぽか施工についてアップしていきます。
今夜も相棒を入れたぽかぽか君は隣の部屋でファンファン働いています^^

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年7月21日 (金)

ストーン後のベース研磨と。。

ナイロンタワシ?の研磨の道具。

質問があったので、ちょっと書きますが、

RED CREEK のベルクロローラーに専用のファイバーテックスを使っています。
ファイバーテックスは粗め細めの二種類あるんです。 確かTOKOやコンケスト
にOEM供給してたかなと。 使えるグッズだと思うのですが、みんなあんまり
使ってないかなー。 ファイバーテックスをコルクに巻いて使うでもOKだけど、
この研磨はスピードがあった方が良い結果出ると思います。

P9230062b
ベルクロに巻いて使います!
いろんな用途に使えて便利
コルクローラーも欲しいなと思ってます。

さて、ストーン後研磨した滑走面に初WAXを浸透させないといけません。
わたしは一番最初に塗るWAXはここ数年ずっとドミネーターのHX99
を使っています。

このWAXは非常に柔かく、低温で融けます。 ストーン後のカラカラ滑走面
に無理なく浸透していくと感じが他の柔かいWAXと比較して強力と感じます。

それから一番の特徴は粘り気があるということ、「べたべた」という表現が
マッチしています。 粘度が高いいうのは滑走面に容易に強く密着するのに
大事な要素だと思います。

Poka7_1

アイロンの温度設定も90℃の一番低い設定で
余裕で液液になります。量も沢山でリーズナブル





Poka8_1結構垂らすほうかなあ!
フッ素WAXじゃないし、
パラフィンはとにかくケチらない
ことを心がけてます。
少なく塗ることの焼けなどのリスクは
あっても多く塗ることの弊害は無いと思うので

Poka9_1

初浸透しました!
次はこいつを
「ぽかぽか」施工していきます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ストーン後のベース研磨

今日は初めて相棒に手を入れます。

現状でもかなり滑らかなベースの状態ですが、所々に小ケバや
少し白く酸化しているような部分も良く見るとあります。
そこで細かい目の柔かいナイロンたわしで研磨することにしました。
粗めの硬いナイロンたわしだと逆にキズつけてしまうと思うので。

Poka5_1
細目のナイロンで研磨!
緑のナイロンと比べると全然柔かいのです



研磨を行うと白く酸化している部分やケバもとれて、黒いベースが
しっかり輝いてきます。 元々黒びかりしていた部分もさらにより
つやが出るような良い感じになりました。5分くらいで十分ピカピカ☆

Poka6_1


画像だとわかり難いですが
ストーンからあがってきた時より
さらに磨かれた!




という感じで、ストーン後のベースの研磨はこんなもので、
次は初WAXに移行したいと思います。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

ストーン後のベースの状態

ストーン後のベースの良し悪しを確認するのには、あえてWAXをぬらないのが
一つの良い方法だと思っています。

以前撮影した、ストーン後のWAX無しの滑走面画像です。(友人板)

Poka4_1
滑走面はカラカラ、ケバケバ状態です。
なでると「ザラザラ」な感触。
でもこれすごく悪いわけじゃなく、いたって
一般的な状態だと思います。
※悪い例で出してゴメンヨ


今回、ストーンに出した後、同様にWAX無しの滑走面画像

Poka3_2
写り具合に違いはありますが、明らかに滑らかで、
毛羽のようなものは極端に少ないです。
なでれば「ツルツル」気持ち良い。
WAXを少し入れたかのようにも見えるほどの
艶やかささえあります。



というように、同じストーンでもその仕上がりにかなり違いがあるのは
事実だと思います。上の状態から塗り込みやスクレープやブラッシング
による研磨で、下のスタートラインに持っていくだけで、かなりの労力、
WAXを消費すると思います。1シーズン頑張ってもスタートラインにまで
届かないかも。。。という気もします。

それから、このケバケバを取り去るにはあえて、WAXを塗らずに乾いた状態
で研磨するのが良いと思ってます。カラカラな状態では、柔かく低い温度で融
けるWAXしか塗るのは難しいです。
この柔かいWAXは大体粘り気があり、ケバ取りどころか、ケバごと滑走面
にべたットなじんでしまう気がしています。 いきなり硬いWAXを塗ってスクレープ
できればケバとりにはなると思いますが、このカラカラな滑走面には硬いWAXは
塗る事が難しく、逆に焼いてしまうリスクがあります。

ということで、先ずは乾いたケバケバ滑走面には、ローリングブラシ用の
粗めのナイロンたわしで研磨してケバケバをしっかり除去することをする
ようにしています。

Photo_2

粗めのナイロンたわしで研磨!
細かいケバが目に見えて沢山取れます



というような事を考えてやっています。

とにかく良い研磨してくれるチューンショップ、良い研磨ができるマシーン
を選ぶことがまず非常に重要だと思っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

育成記録書きます!

スキーのことについて書こうとブログ開設して10ヶ月くらいたちました。

沢山の人が見てくれたり、コメントいただいたり、本当にありがたいです。

ところでこのブログ 「ぽかぽか君 育成記録」という怪しいげな副題で、
スキーの板の育成記録なんかを中心に書いてみようかなと思って始めたんですが、
本題の育成のことをほとんど書いてませんでした。

そろそろ自己流ですが、育成を始めようかと思いますので、皆さんの意見
やアドバイスなどいただきたいなと思ってます!

来季はアトミックに板をチェンジします。来季モデルはまだ届いてませんが
先季の中古を譲ってもらったものがチューンから上がってきたので、
こいつの育成から少しづつ書き始めたいと思います。

Poka1
先季の中古を譲ってもらいました。
アトミック186cm+ブラックプレート
右がおいらの、左は友人の板





Poka2
チューンはRIDさんの選手対策で実施
通常の半額でやってくれます。
MICRO-NCでストラクチャーは
ツリー+リアルライナーの浅めを施工




山梨の大会は人工雪100%で低温&乾燥したハードパックになります。
実績のあるツリーにリアルライナー(縦線)を全体的につけて、水分の
保持性を増したイメージで施工してもらいました。

今回はあえて、ストーンマシンの研磨の仕上り面粗さを確認する為に、
ストーン後のベースWAX処理をしないで送ってもらうようにしました。

これまで自分の板も友人の板も含め、様々な、チューンショップでストーンをした
直後の板を塗りこみや研磨をしてきましたが、店によって本当に、滑走面の滑ら
かさに差があることを感じてました。ストラクチャーを滑らせる為じゃなく、
ただはっきりとした模様をつけるためにやっているんじゃないか?と思うほどの
滑走面。  ベースをサンディングした後、ストーンでの研磨はさらっと模様付け
程度にしか使ってないような荒れた滑走面。 同じストーン後の板を育成開始
するにしてもスタートラインが明らかに違いすぎる。。。

この辺を判断するのにストーン後ベースを塗ってしまうと、粗さや毛羽立ちがうまく
見た目でぼやかされてしまうと思います。 (スクレープすれば感触でわかるかな)

ということで、あえてベースWAXせずに、送ってもらうようにしました。
過去にも そういう板の状態を撮影したものがあるので、明日比較してみます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

大学スキー部

今日は久しぶりに大学時代の現役スキー部の前期総会に行ってみた。

同輩と後輩と数名で、卒業してから15年もたつんだなー。
まだその頃の仲間とこうして一緒にいれるというのも本当に幸せなもんだ。
ありがたいことです。みんなに感謝!

現役は1年生3名、二年生1名、三年生3名、4年生1名とだいぶ人数も少なく
さびしい感じでしたが、時代が違うし仕方ないかな。現役生は非常に緊張した
面持ちで大会の報告や自己紹介をしてました。 急におやぢ達が沢山参加した
のでちょっとびびらせてしまったかな。 しかし緊張の中にも熱い思いが伝わって
きて清々しかった。

自分が学生の頃、同じく緊張していたのを思いだす。初々しい^^
是非とも活躍してもらいたいもんだ。OBとして何か役に立てることないかなあ。

たまにこういう刺激を受けるのは初心に戻ることができ本当にいいです。

今日は品川の姉の家に厄介になって、明日は学生時代の仲間とゴルフ!
がんばろー♪ アベアップ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

脱コンタクト⑤

今日までブログがメンテナンス中になってしまっていて、
アップができずにすみませんでした。

つづきですが、、、

手術後の30分ほど安静にした後、ドクターに検査をしてもらい、問題無し!
とのことでクリニックを後に。

外に出ると世界はまだ白く霧がかかってるが、ピントがあっていて不思議な感覚。
急な風で目が乾いたりして、フラップがずれないように、サングラスをかけて目を
細めて街を歩きました。 夜になると車のヘッドライトや町のネオンがキラキラして
光の外に輪が見えます。幻想的で逆に良い感じでした。

目の感覚には異物感と少々の痛みもあるが、全然平気なレベル。
逆につらいのは禁酒!一週間も禁止なので、頑張って我慢しなきゃなあ。
寝る時には誤って目を掻いたりしないように、目に保護用のカバーを取付け、
翌日の視力検査と霧や違和感が改善されることを願いつつ就寝。。。

朝起きると、霧も薄くなり、違和感も少なくなってました。寝起きでいきなり
ピントが合っているのはかなり新鮮でした。

そして、クリニックに行き、視力検査! 両目とも1.5に回復してました!!
小さいCが良く見える。うれしー!! 最終的に安定までは3ヶ月かかる
そうだけど、現時点でも全く問題ないです。

この後の一週間後と3ヶ月後の検査は、山梨の眼科宛てに紹介状を書いて
くれました。次はわざわざ都内に出る必要もありません。 かなり複数の眼科
のうちから家に近いところを選ぶこともでき、アフターケアも良心的。

それから保険の請求用の手術診断書もクリニックできちんと書いてくれました。
内容は下記な感じで。。。

  手術に到った病名 ・・・ コンタクト不耐症
  手術内容 ・・・ 近視性乱視矯正
   手術方法 ・・・ エキシマレーザー眼球手術

(--;) おいら、コンタクト不耐症でも乱視でもないけど。
そこまでは頼んでないのに、親切というか、でっちあげというか。。。まあいっか!
本日保険のおばちゃんに診断書を提出しました。そうそうクリニックからの紹介料
の3万円も口座にちゃんと振込まれてました。

今日で手術から4日間たちましたが、朝起きるたびに 違和感も無くなり、
日に日に更にシャープになっている気がします。

眼鏡より、コンタクトより、かつて良かった頃の自分の目よりも。。。
言いすぎかもしれませんが、良くなった気がします。

手術して本当に良かった!

これで来季の大会でのコンタクトポロリの不安も無くなり、更に動体視力とかも
改善されたりして、少しでも速く滑れるようになりそうな気も。。。(^^
他のスポーツももちろん、いろんな景色も楽しめそう。

見えるって素晴らしい。 世界が変りました。 私もオススメします!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年7月11日 (火)

脱コンタクト④

ついに手術をしてきました!!

日曜の朝にバスで都内に出て、Sクリニックへ。

先ずは支払いを先に済ませて、手術後の行動や薬などの説明を受けて、
再度目の検査を行って、視力の状態が変わってないことを確認しました。

問題ないとのことでいざ手術へ。

クリーンルーム(クラス10,000くらいかな)に入ります。服装はそのまま。
髪に帽子みたいな物をつけて、麻酔の目薬をさし、名札を首からぶら
下げます。間違って違う人の設定で手術したりしないようにだな。

その後、フラップ作成の部屋に連れて行かれて、レーザーマシンのある
手術台に寝ます。右目に目蓋を開く為の器具を付けられ、まばたきが
出来なくなり、、徐々にマシンが近づいてきます。マシンを目にがっちり
固定させて、ピカピカ光るポイントを一点集中して見つめて眼球が動か
ないように頑張って、レーザー照射開始! だんだん黒いぶつぶつで視界
が隠れて見えなくなっていく。。。
痛みは無いが重苦しい。ドクターは「順調ですよー、順調ですよー」の声
をかけてくれ、安心する。 大よそ30秒程度で片眼終了。左目も同じよう
にして両目のフラップ作り終了。

起き上がり自分の足で歩いて、レンズ作成のエキシマレーザーの部屋に
移動します。 目の角膜の薄皮が浮いているからか、視界は濃霧の時の
状態のよう、真っ白な感じ。よたよたと看護婦さんにつれられ、次の部屋
に入る。

次のマシンの手術台に寝て、頭を溝に固定するような感じで寝ます。
この工程担当のドクターが、「先ほどの施術より楽ですからねー」との言葉
こちらも目蓋を開く器具をつけて、先ほど作ったフラップをドクターがぺロッ
とめくる。なんか小さいヘラみたいの使ってた。 光るポイントを見て眼球が
動かないよう頑張りながら、レーザー照射開始!アシスタントの方が「10%、
30%、50%・・・」と照射状態を告げつつ、ドクターが 「非常に順調です。
非常に順調です」とまた声をかけてくれています。
なんか髪の毛を焼いた時と同じにおいがほのかにしました。まさしく目を
焼いている。。。(--;  こちらも片眼30秒程で完了しました。焼いた後は
沢山の水で目を洗浄して、フラップをまたヘラでも戻して終了。

視界は霧がかかったような状態でまだ良く見えない。。。でもピントは合っ
ているような。。。 よたよたしながら手術室を出て、30分ほど目をつむって
安静にしてフラップが安定するのを待ちます。 少々不安だ。

ということで、今日はまだパソコンはあまりやる良くないので、ここまでで
また明日アップします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

脱コンタクト③

今週日曜日の手術まであとわずかになってきました!

一週間前から眼鏡で過ごして角膜の形を安定させてます。
日曜日には要らなくなるかと思うと超期待!!

Sクリニックから紹介チケットも届いて、電話で使用できることも確認しました。
198,000円の手術費用から1万円引きになり、手術が終わると指定した口座に
3日以内に3万円が振り込まれるそうで、158,000円の手術になります。

Dsc00390

こんなチケットが届きます。


それから、近視手術には生命保険等の手術給付が適用される場合があると
のことで、私も加入しているN生命に確認の連絡をしていました。近視手術な
んて怪我でも病気でもないプチ整形みたいなもんだと期待をしてませんでした
が。。。

数日後、保険のおばちゃんから手術の詳細を教えてくれとの連絡がきて、
「眼球の角膜をレーザーで削って。。。」と伝えたところ、保険が適用される
とのこと!! 手続き書類を受け取りました。最近不払い問題もあるから、
良心的になったのか?

N生命の手術給付の規約を確認してみると。。。

「手術とは治療を直接の目的として、器具を用い生体に切断・摘除などを加える
  ことをいい、手術番号1~88にあたるもの」

との内容で、、、71番 :レーザーによる眼球手術 とあり、確かに該当!
給付金は。。 71番の場合入院した場合の給付日額×10倍。

私の入院の場合の給付日額は10,000なのでかける10倍=100,000円
とすると。。。結果 手術費用は 58,000!! 

これでちゃんとできたらほんとうれしい(^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

オフトレぼちぼち。。

来季に向けてトレーニング初めて一ヶ月たちました。

仕事柄、夜が遅くて出張ばっかりなので、寝る前の夜中に
加圧トレーニングを一日交代で上半身、下半身を鍛えて、
腹筋は毎回やるようにしています。一日20分程度なので
根性無しの私でも続いてます。 少しづつ筋肉が使える感じ
になってきたかな。これからは負荷を増やしていこう。
(ちなみに脂肪は減ってません。)

日曜は用事がなければテニス! 会社のスキー仲間と昨日
も2時間半ほど汗を流しました。いやいや気持ちえー。

また土曜はゴルフしました!適度に歩くので、トレーニングと
まではいきませんが、運動になります。今回はなんとか89^^;
今季の成績は100三回打った後、89、89、90、87、89
と微妙にボギーペース維持だなあ。次回は85切りたい!

今日から大阪へ出張!週末は目の手術だ。
忙しいけどがんばらないと。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »