« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

アイロン改造①

今のアイロンの温度差激しいことはわかりました。

市販のデジタル温度制御アイロンも現在のアイロン温度は表示が出る
らしいので、それよりもレベルの高いものにしたいなーと思いました。

やっぱり、どこの温度がみたいといえば、アイロンのボディ温度でなくって、
アイロン表面とWAXが溶けてる滑走面の界面の温度を監視して、そこが
安定するように制御したいなーと思いました。

とすると、制御する為の温度センサーをアイロンの表面に持ってこないと
いけない。 あるべき姿かしら。

とすると、アイロンのど真ん中に穴でも開けてセンサーを仕込まないと。。。

ということで、まずはアイロンばらしてみました!
考えてみたらやったことなかったので。

Poka66_2

愛用のアイロンを上のプラスチック部分と金属部分
がネジ止めされていたので外して、電源コードも
ネジ止めされてたので、取り外せば、結構簡単に
ぽかっと、いやぱかっと、上下に分かれました!

Poka67
アイロンボディ側を上から見た画像です。
金属の塊だと思ってたら、中は凹んでました。
U字型のヒータとサーモスタッドがシンプルに
取り付いてました。


凹んでいるので 熱容量が小さい、ヒーターがアイロン面に近いので、
サーモスタットでのヒータON/OFFでアイロン面の温度昇降がダイレクト
に出すぎてしまうんだなー。 (これメーカーによって全然違うと思います)

アイロンボディに穴あけするとしたら、中心のヒータを避けた両サイドの
凹みに穴あけは簡単だけど、やっぱ中心でヒータの近くににセンサ設置
したい。。 むううう。。。

Poka68

よくみるとサーモスタットを固定している
金具がヒータ中心近くにネジ止めされてる。




Poka69
こいつを外すと。。ヒータを避けたネジ穴になってました。
板金は接着剤とかで別に止めておけば問題なさそうで、
この穴を貫通させて、温度センサーの穴に使えそう。




うーむ。今度時間作って、実際にセンサーを仕込んでみよう!
と思いつつ、とりあえず組立て直して元に戻しました。

改造するにはその間アイロン使えなくなるし、ぶっ壊すかもしれないから
新しいアイロン買おうかな。。。 ってそしたら電子アイロン買えばいいぢゃン!

いや単にいぢくりたいんです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

りにゅーある!

ぽかぽかシール去年冗談半分で作成しましたが、
結構気に入って使っていただいたり、大変ありがたいです!

今のも少し飽きたので、リニューアルしましたー!

Poka62_2

黒光りの滑走面をイメージして
ブラックにシルバーメタリック!
ちょっと精悍になりましたかね(^^



Poka63
一回り小さくしたので、ちょっと控えめに
板にも横向きに貼れるようになりました!
ぽかぽか依頼してくれたSさんの板に
初貼り付け!すみません(^^;

Poka64_2




アトミック君も新しいご主人様が決まりました。
Sさんの板もぽかぽか完成!
新しいシールも強引につけちゃいますので
是非貼ってください!





以前ぽか依頼してくださった方や私のつたないブログを見てくださって
る方で欲しいという奇特な方などいらっしゃったら、お送りしますので、
yht02441@nifty.com ご指示下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月25日 (月)

温泉最高!

木金と東京に出張で、土曜日は都内のPEAKやSOSのショップを
ぷらつき、その後に、前々から気になってた GARMONTブーツ!
でそのGARMONTに力を入れている、PROTOTYPEさんへ話を
聞きにいってみた!

Proskiwebshop_08g1150
オーナーさんに色々と各種ブーツの歴史や特徴、
GARMONTがどう優れているのか!ブーツチューン
とはなんたるか!色々と熱く教えていただきました。


来季の候補になりそーだ(^^

日曜は安比に忘れたブーツを取りに、いやフリースキー練習に行きました。
各地で天候が荒れたみたいでしたが、ぼちぼちの状況でした。

Poka56



そこそこイー天気。
でも今日は調子いまいち。。。




ちょいバーンもいまひとつだったので、練習を早めに切り上げ
近くの松川温泉の松風荘へ行きました!

Poka57
ひなびた感じのいい温泉。
お湯は最高!選手用!?



Poka58
風呂上りは、レトロな三ツ矢サイダーで!
ビールもいいけど、こいつもなかなか(^^



シーズンも後半にさしかかり、ちょっと停滞気味なので、
頑張っていかなきゃなー。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

アイロンの温度②

ひきつづき、アイロンの温度の調査です。

まずはアイロン本体の目盛りを130℃に設定して、5分くらい放置して
十分安定させたところの、上下限の温度を調べましたー。

Poka54 Poka55
下限は132℃、上限は149℃でした!




うーむ 130℃を中心にオーバーアンダーするかと思いきや。
設定温度が下限で上に20℃近くもオーバーシュートするのかあ。

この上下限温度は再現性があり、ふらつき幅は安定です。
(グラフ表示でなくスミマセン)

次に150℃設定です。
SWIXのCH4はアイロンの温度設定この温度になってますね。

Poka51 Poka53


下限は151℃、上限は169度でした!




こちらもやはり、設定温度より上側に20℃近くオーバーシュート!

あらためて自分のアイロンの特性を理解することも大事だなあ。
このアイロンだと、設定温度に対して温度が高い方向に20℃ふらつく
ことが分かってて使うのとそうでないのでは違う気がします。
アイロンのメーカーのよっても全然ちがうだろーな。

これまで感覚的にCH4を塗る時には、130℃設定でぽかぽかと併用
でちゃんと WAXも滑走面自体の双方温度もあがり、滑走面の負担を
最小限で、密着浸透するぎりぎりっかなってて感覚で使ってましたが、
だいたい間違ってなかったかも(^^

ただ、スキー場でのワクシングや、ちょっと急いで塗ってしまう気持ちが
出たりすると温度高く設定したりしてしまいがちなので、この温度差です
から、じっくり落ち着いてやらないといけないなと再認識です。

やっぱし、この20℃の温度差なくしたいのと、現在温度を把握しながら
ホットワクシングできるようにしたいですね。

ちょと時間かかるかもですが、じっくり改造していこうと思います!

赤外線ヒータ自作とかヒートガンの熱風で温度監視しながらワックス
溶かすこと考えるのも楽しそうですね。ヒートガンなら安価でノズルだけ
幅広スリットにして、放射温度計でWAXや滑走面の表面温度見ながら
溶かすとか。。(^^

いい加減 寝マース。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

アイロンの温度①

今季はデジタルアイロンを購入しようかなと思ってたんだけど
結局買わずじまいでした。

WAX塗っていると、アイロンの温度が高くなったり低くなったり
滑走面の焼けも心配です。特にCH4のようなWAX塗る時には
焼けのリスクが高くなります。

そもそも今使っているアイロンにつまみで温度設定書いてあるけど、
サーモスタットでカチカチやってるだけなので、実際にどーなってんの?
と思ってちょっと簡単に調べてみようと思いました。

Poka49

ナショナルのWAXライダーを長年愛用
しています。



Poka50
まずは単純にWAX面に
熱電対を押し付けて計測してみます。


ちょっとデータロガーが無くて、とりあえずアイロンのつまみでの
130℃と150℃設定時の 最低温度と最高温度を調べてみます。

結構オーバーシュートとアンダーシュートあるんだろーなー。

電子アイロンも設定温度が入れられるだけで、現在温度の表示って
あるのかな?無い気がする。 そのうちこのナショナルアイロンを改造
して、設定温度と現在温度がちゃんとわかるようなものにしよっかな。

現在のノーマルでの温度差は。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

行く板、来る板

今季はじめは先季同様に、アトミックでいくつもりだったんですが、
ころっとサロモンに完全チェンジしてしまいました。

ワールドカップはアトミックやフィッシャーで華やかでサロモンは
衰退してるってのに逆行かもなー。来期はサロモンは無くなる?
とか、アトミックと一緒になる?とか色々憶測がとびかってますが。

今季準備した190cmの選手用。結局、手放すことにしました。
こいつも大事に育てたかわいいやつ! ヤフオクに出しましたが、
大事にしてくれる人にわたるといいなあ。。

Poka44

ほとんど使うことのなかったアトミック君
新しいご主人の元で活躍するんだぞー。
達者でなー。





そして、新しい仲間の07 サロモン192cmの選手用がやってきた。
一般レーサーには手に入らないハングル付きの本物選手用!!

Poka45
通常の185cmと比べると当たり前だけど、長いです。
サイドカーブも多分>R27でまっすぐです。
そして板をあおってみると、やたらに硬い!!
185はぺにゃぺにゃなので、やっぱ本物は違う・・。

(どっちの板もNコーチキャンプ仲間のお下がり^^)


Poka46
板の表面にはトップにもテールにも昔のプロリンク!?
を取り付けるようの下穴が凹んでる!
つけてる人いるのか!!?

Poka48 
早速金具をつけて、今日安比でポールトレーニング。
重くて硬くて、曲がらないかなーと思ったけど、
意外に曲がるし、硬さも感じない。しかも安定して、
推進しながら曲がる!やっぱ本物は別物だ。
アトミックじゃないけど、こういう板をちゃんと乗れる
ようにしなきゃ。


いちどチューンに出して整えて、しっかり使っていきたいなと思いました。
とっても、可能性を感じます。ただエッヂは糸のように細いので大事に
大事に使わなきゃな。2シーズンくらいはもつかしら。

Poka47_2



今日の安比も寒くていいコンディションでした。





行く板、来る板、おいらにとってはスキーを楽しむモチベーション!!
残りのシーズンも楽しめそーです。

♯今日スキー場の駐車上にブーツ置いたまま、家まで帰りました(T_T)
  幸い親切な人がスキー場に届けてくれて、助かりました。
  この忘れんぼう病は死んでもなおらないですね。。。(--;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

ファインポリッシュ②

プラスチックポリッシュを塗って研磨した滑走面は
ちょっと白みがかって、すこしポリッシュが残って
しまった感じ。

うーむ微妙。よくふき取って、またまた拡大観察

S06_500_106サロモン ×500
こちらは元々のストーン後の
ドライ状態。毛羽立ってます。


S06_500_2ファイバーテックスをベルクロローラ
に巻いて ドライ研磨したもの
毛羽立ちがとれて、光沢でました。


S06_500_3プラスチックポリッシュを塗布して
ベルクロローラで研磨したもの!
ちょっとピント合ってないですが、毛羽ちゃいました(--;

うーむ、皆様、期待はずれな結果で大変申し訳ありません。

・プラスチックポリッシュをもっとちゃんとしたものを選ぶべきだったか。。
・ファイバーテックスを使ったのがまずかったか?
・ポリッシュの砥粒が引っかいたか?

もうちょっと上手い方法があったかもしれません。

今回の実験はNGでしたが、失敗は成功の元! 色々試してみないと
わからないのものです。ぽかぽか君+ぴかぴか君 浸透磨き職人を
目指して、まだまだ挑戦してきますよー!




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

ファインポリッシュ①

更なるWAX前ベースのファインポリッシュを目指して、

コンパウンドを使って実験してみました!

Po10
右のホルツのプラスチックポリッシュを使用
ウィンカーレンズやヘルメットのシールドなど
の磨き艶出しようです。

Po12

滑走面に大胆にぶちゅーと
ぬっちゃいました。
歯磨き粉みたい。



Po11
研磨はフェルト磨きを
使って、ドリルでぶいーんと!


なんか感触わるいので、結局。。。

Po13
ファイバーテックスで
プラスチックポリッシュ
つけて磨いてちゃいました!


結果は500倍で観察します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

10万アクセス

きづいたら10万アクセス超えてました!

私の超私的内容のブログをごらん下さって
本当にありがとうございます。

普段の自分の記録にと始めたブログですが、
見ていただけることでとっても張り合いになります。

今後も暇な時はお立ち寄りいただけたら幸いです。

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷と雪

この週末は東北の冬ならではの氷と雪の名所と祭りに
行ってきました。

まず最初は たろし滝! 地元花巻の石鳥谷町にあるつらら
のごとく、氷結する滝の名所で、その幹の太さで毎年の米の
豊作を占うんだそうです。

Poka39
結構急な雪道を登ると
超絶景です!


Poka40

こんなにぶっといです。
胴回りは4m80cm
だそうで、今年は豊作!!



Poka41


つららが鍾乳石のように
沢山あるんですが、
なんとボーリングのピン逆つららを発見!
マイボーラーとしては見逃せない(^^


いやいや絶景でした。また来年も見に来たいと思いました。

翌日は秋田の湯沢町のいぬっこ祭りへ!

Poka42
わんこの雪像が沢山で、
出店や秋田名産などを楽しみました。



Poka43_2

なんとー懐かしのスギッチ!


スキー以外の地元の冬を満喫するのも楽しいもんでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

研磨③

今日はケバケバだった05サロモンの観察

Po8 Po9


ファイバーテックスでの
ドライ研磨で艶やかに!
ブラッシングの抵抗感も
全然違います。




S05_500_1_2
ケバケバだった
05サロモン ×500



S05_500_2
やっぱり拡大しても
だいぶ磨かれてました!


でも完全じゃないですよねー。
もっと時間をかければ良いのか、研磨のブラシを変えるか、、
もっと鏡面に近づくように研磨したい。

で前からちょっと試したかったんですが、車の塗装面や
プラスチックのレンズを鏡面研磨用のコンパウンド。

これで磨いたら、滑走面のポリエチレン自体がもっと
つるつる鏡面に磨かれるんじゃ?

Po10
カーショップに売ってるレベル
のものだけど、遊びでちょっと
このままWAX前に磨いてみよー☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

研磨②

昨日のドライ研磨前後の06サロモンの拡大画像です。

S06_500_1 06サロモン ×500
ストーン研磨後WAX無しの画像です。
07同様毛羽だってます。

これをベルクロローラを使い、ドライで研磨すると。。。

S06_500_2 06サロモン ×500 ドライ研磨後
毛羽がだいぶとれました。
以前調べた滑走面の白黒模様も分かります。


見た目の艶やかさは、拡大でより明らかです。
ちょっと意外だったのが、ストーン後WAX無しでも、WAXを
塗りこんでた時と同じような白黒模様があります。

WAXの浸透の色の違いではないのか、はたまた以前の浸透
が研磨しても見えてるのか。。。

ちなみに07も結果は同じでした。

次は毛羽立ちのひどかった05を調べていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

研磨①

やっぱり毛羽立ちを取るには、WAXは塗らずにドライなまま磨いたほうが、
たってる状態の毛羽がファイバーテックスにかかって除去しやすい気がします。

先にワックス塗って浸透させても、最終的には取れると思いますが、
毛羽自体が分かり難くなるので、ドライなまま磨いたほうが一目瞭然だと思う。

Po6


昨日省略した06サロモンの
ストーン後ワックス無しの滑走面。
07同様に毛羽だってます。
これでも滑らかな方だと思います。



Po4
愛用のファイバーテックスです。
緑が粗めで、白が細め


Po5
毛羽立ってるとはいえ、ストーンフィニッシュ
の状態は良いと思うので、細めを使って
ベルクロローラでドライで磨きました。

Po7


毛羽立ちは取れて
ワックスは塗ってなくても
艶やかさが出てきます。
こうでなくちゃ!



やっぱりこの状態にしてから、ワックスの浸透は開始したい
と感じます。チューンショップだとここまで磨いてはくれない
のかなー。

次はこのドライ研磨前後で滑走面がどうなったか拡大画像で
検証したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月 6日 (水)

素肌②

ストーン後のWAX無し、素肌をマイクロスコープで確認しましたー。

S07_25_1
07サロモン ×25



S07_175_1
07サロモン ×175



S07_500_107サロモン ×500
以前撮影したWAX後のものと比べると荒れてます。
これが毛羽立ちだと思います。

06は07とほぼ同じなので省略

S05_25_1

05サロモン ×25
このくらいの倍率だと差が分かりにくいですね。


S05_175_1
05サロモン ×175
ちょっと荒れてるでしょうか。

S05_500_105サロモン ×500
かなり毛羽立ってます。
07のストーン後と比べてもかなり粗いです。

実際の滑走面の見た目の光沢や手触りやブラシの抵抗感と
500倍での粗さ具合は一致するなと感じました。

この状態で上からWAX塗るとガサガサも一緒に浸透してしまう
ことになり、とても抵抗感があります。なんか嫌です。

このあとWAX無しで磨くと、どうなるかまた調べていきたいと
思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素肌①

サロモンたちの滑走面ストーン後の素肌です。

Po1
07 サロモン です。
いかにマイクロNC でも
ストーン研磨後は毛羽立ってます。
良好な方だと。
ベース塗っちゃうとわからない。



Po2


06 サロモンも同じ仕様で
研磨してもらったので、同じですね。




Po3

05サロモンです。
譲ってもらった物ですが、
滑走面はパサパサ乾いてます。





これらをマイクロスコープで見ていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

車山練&育成開始

金曜は山梨に出張だったので、そのまま一泊して土曜は
車山で山梨での所属チームの練習会に参加しましたー。

Poka36
車山は5、6年ぶりくらいです。
2000年頃一度、内輪で練習
したかなー。

Poka37

片斜面の30秒弱のコースで
元全日本女子のコーチの平山さんに
コーチングしてもらいました。チューン
でもFBROSでお世話になってます。
ポールセット技術もコメントも素晴らしい!


午前午後と結構滑りこめました。板は持っていかなかったので
山梨の仲間に借りたんですが、タイムを二本だけ計って、07
サロモンと05サロモンを比較したら、予想外に05が速かった!
これには山梨メンバのJくんと意外な結果に衝撃をうける!

そのまま岩手に戻り、日曜日にはチューンに出していた板が戻って
来ましたー。今回はストーン後に、ワックス無しで研磨がそのまま
見えるように送ってもらいました。

それと金具取りように譲ってもらった 05サロモン。 今期のサロモン
は金具は軽すぎて、古い選手用の方が気に入ってて。
プレートも07仕様で、これはこれで面白いかも。

Poka38


まだストーン後のまっさら滑走面達、
これから少しずつ育成と分析をして
いこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »