« バリエーション | トップページ | 初滑り! »

2011年1月23日 (日)

おつかれさまです。

シーズンも真っ盛りですね! この時期になると滑走面も硬質WAX育成や
練習、大会、などで、おつかれかなと思います。

WAXを使って下さった皆さまに、滑走面の骨休みにSoftを製作しました。。

Poka651

少量で恐縮ですが、
本日発送いたしました。



低温の温泉?にたまにはゆっくり浸かってあげて下さい。
凝りがとれて、きっと元気になりますhappy01

ポカポカシールも切れてたので再作成同封いたしました。

Poka652
スキーの板などに
貼っていただけたら
超ハッピーです。


WAXお使いいただいている皆さまの使用所感やご指摘など
ブログにコメントいただけたらと思います。
励みになりますし、今後の改善の重要な情報になります。

また、お使いいただいている皆さま同士の情報交換などにも
なればと思ってまして、、是非是非ご協力お願いいたしますconfident

|

« バリエーション | トップページ | 初滑り! »

コメント

TSUNE様


いつもありがとうございます 秋田の同年代jinです(笑) 今日Softが届きました。今シーズンも気持ち良く使用させていただいております。 レース経験が少ない当方、愚問ですがTSUNEさんのワックスに皆様はどんなスタートワックスをチョイスしているか知りたく書き込みました。当方は今シーズンはクラフティのパウダーを使っています。

投稿: jin | 2011年1月25日 (火) 13時55分

to jin さん

コメント大変ありがとうございます。
ドミネーターのQ、65、Q6などを
主にオーバーレイとして使ってましたー。
湿度で特に良く滑ったと思います。

それと日本で販売してませんが、RACESERVICE1の
OVAERLAYのRS3を愛用してました。
低温ドライ状態でも渋ることなく、ハードパックバーン
で活躍していました!

投稿: tsune | 2011年1月25日 (火) 22時58分

tsuneさんおはようございます。

昨日SOFT届きました。ありがとうございます。

年末に分けていただいた、HARDのインプレが報告できずに、申し訳ありませんでした。安比到着の日に、買い物に出かけローソン交差点の手前の食堂の前で追突し、ばたばたしていました。相手方もこちらも怪我も無く、その後しっかりスキーは楽しんできましたが・・・。現在車が使えず、スキーに行けませんT_T。

都合4日間一日当たり平均20Km位滑走しましたが、HARDは滑走性・耐久性共に問題ありませんでしたよ。毎日クリーニングとプレヒートを兼ねてMEDIUMを125℃でワクシングし、すぐにHARDを147℃でワクシングしていました。デジタル制御のアイロンとペーパーは使用していますが、温度が高いので気を付けてワクシングしています。

皆さんどのくらいの温度で、ワクシングなさっていますか?

職場からこっそり・・・。

投稿: TOSHI-8 | 2011年1月26日 (水) 07時38分

soft届きました。僕にも届くとは思いませんでしたのでびっくり。ありがとうございます。ず~っと道東でしたので、雪温-10℃前後。まずまずでしたが、この温度帯のチョイスはよく分かりませんし難しい(何でも滑るような?)。地元に戻ったので、こんどは活躍してくてくれそうです。ありがとうございました。

投稿: ニワケン | 2011年1月26日 (水) 11時10分

本日、SOFT届きました。
ありがとうございました。
MEDIUMをTR後に使い、M+Fをレース時に使っております。
HARDは、だいぶ固く苦労してますが、何か良い方法はありますか。

投稿: nato | 2011年1月26日 (水) 18時27分

to TOSHI-8さん
コメントありがとうございます。
お車大変だったですね。体がご無事でなによりです。
Hardは良好だったようでよかったです。
相当塗りにくいですよね。ちゃんと定着させられれば、
非常に強固になると思います。私も150℃前後で
その時の室温やプリヒート時間度合いで調整しており
ます。

to ニワケンさん
コメントありがとうございます。
-10℃くらいですとMediumはもちろんですが、
湿度によってはHardも効果的な領域です。
地元での状況もフィードバックいただけたら幸いです。

to natoさん
大切なレースにWAXを選んでいただき大変ありがとう
ございます。

Hardはかなり塗りにくいです。予め板をなんらかの
方法で暖めておくのはMUSTと思います。
冷えた板では定着どころかハジキますし、それをアイロン
の高温で無理やり溶かしながら定着させるのは焼けの
リスクが大きいです。TOSHI-8さんもコメントしてくださ
ってますが、まずMediumを中温で塗って暖めてから
Hardを塗るのは効果あると思います。
アイロンは温度制御性の良いフィードバック制御が可能な
デジタルタイプをオススメします。

投稿: tsune | 2011年1月26日 (水) 23時21分

tsune様
届きました!SOFTも入れて頂きありがとうございます。確かにHARDは硬いですね。プレヒートしてもはじかれるくらい。ソールとアイロンの間を目視しながら慎重に馴染ませて、あとはひたすらアイロンを早く動かして。フッ素を吸い上げると話しに聞いたので、ペーパーは使わずに塗ってます。デジタルでもないのに無謀だとは思いましたが・・・。最後までソールから割れて取れずに、しっかり定着しました。スクレーピングが大変なくらい。
レースのスタートでは、R=0のケーキを使いました。
良く滑りました。ゲート練習は1度もしないままのシーズン初戦でしたが、リザルト1枚目に。滑りすぎと練習不足でコースはみ出そうになりました。身内からも緩斜面だけ速かったと。良いんです。スタート前に自身が持てる要素が一つでも増えれば。諸事情により4月までレースに出れませんが、すごく楽しみになりました。春の野沢ですが、ひたすら滑走面硬くしとけば良いでしょうかね?時間許す限り塗りこみたいと思います。

投稿: masako | 2011年1月27日 (木) 00時56分

tsune様おはようございます。

こちらにコメントを入れるのは初めてです。
softありがとうございました。

暮れのうちにすでにsoftを使わせてもらっておりますが、融点が低いのでとても重宝しております。

トレーニングは全てhardを使っておりますが、今年は気温が低いこともあってどんな雪でもとても良い感じです。

今週末はレースに出ますが、hard+fで行ってみようかと思っております。
当然、プレヒートして載せますが、その時の下地は何がイイでしょうかね?。
ペーパーを使わずに焼かないように軽く乗せる感じで頑張ってみます。

何故か今年の群馬はとても雪が少ないです。

投稿: shige | 2011年1月27日 (木) 09時23分

ハードWAX、床に落として、ばーらばら。
どうも、しょうです。
ガラスを落としたように割れてしまいました。
また溶かしてくっつけます。

せっかくなので、一応参考になればと思いレポートします。
私が普段WAX塗るときは、アイロンの上のペーパーにWAXをあてて、ペーパーをWAXでひたし、それを板に塗ります。(北海道のどこかのチームの方がやられていたペーパーワクシングとかいう方法です。)
これでも、ハードはなかなか溶けません。ちなみに温度は「綿」です。実測で130℃くらいだったと思います。
そこで、ミディアムとハードを一緒にアイロンに当てて溶かして塗りました。これだとハードも溶け易くなるようです。
ミディアム単体で塗ったときよりも、剥がした時がパラパラなので、塗れていると信じてます。(ここが大事?)
WAXではなく、ハンダの話になるのですが、液化したハンダは、直接ハンダこてを当てたときより熱を伝えやすくなるため、融点が高いハンダでも溶ける、なんとか現象というのがあり、同じ感じでハードも溶けてくれてるのかなと思ってます。
県民で負傷した腰が治らないのに、今週末は技術選に出てきます!

投稿: しょう | 2011年1月27日 (木) 22時39分

皆様
hardのワクシング情報ありがとうございました。
今週末は、久しぶりに板が暇になるので、早速試してみます。

投稿: nato | 2011年1月28日 (金) 09時12分

tuneさん

SOFTプレゼントありがとうございます。
今シーズンから着色していただいて、見分けが簡単で重宝しております。
次期的にソフト入れて、MID-HARDとまた繰り返しにいい時期ですね
みなさんそれぞれ、苦労してHARDを入れてるようですね
大変参考になります。
私も、サーモBOX使いプレヒート後にHAED入れてますよ

投稿: kitasupo | 2011年1月28日 (金) 11時07分

to masakoさん
コメントありがとうございます。
Hardしっかり定着とは、丁寧なワクシング技術で
大変ありがとうございます!
練習無しでリザルト一枚目とは凄いです!
次回も陰ながら応援しております。
私の経験では、滑走面は極力硬くして、磨いておくべき
かと思います。私のWAXでもメーカーWAXでも、
MとHレベルでOKかと思います^^

to Shigeさん
コメントありがとうございます。
Softもお使いいただきありがとうございます。

Hard+Fの下地ですが、やはりフッ素含有の下地がある方
がただでさえ定着しにくいHardですのでよりよいと思い
ます。自分は手前味噌ですが、Medium+Fを下地にしてい
ました。時間短縮の際は生塗りしてプリヒートしてそのま
HardをHOTワクシングといった感じでした。

to しょうさん
Hardバラバラスミマセン^^; 硬質WAXなのでご容赦下さい。
設定温度「綿」笑いましたhappy01
Mediumを若干混ぜてつなぎにしてもらえれば、塗りやすく
なると思うので、良いと思います。溶けたMediumがアイロンの温度をHardに伝える役といった感じでしょうか。
融けにくいHardを無理にアイロンを高温にして滑走面を
焼いてしまうより全然良いですよね!

to natoさん
ですねですね。私もとても参考になります!

to kitasupoさん
コメントありがとうございます。
着色使いやすくなったようでなによりです。
そうですそうです。今そんな時期だと思うので、
骨休みさせてあがて下さいね^^


投稿: tsune | 2011年1月30日 (日) 22時13分

soft届きました。ありがとうございます。しばらくしてリフレッシュの時に試してみます。

Midiumをベースとして使って滑りを試しています。
古い雪で溶けて固まった後の中気温(シーズンインの鹿沢)ではかなり滑った印象でしたが、乾燥した新しい雪(12月菅平)ではちょと渋かったです。フッ素を入れると感じが変わるかもしれません。
全体的には低温のほうが滑りを発揮するのでは?という印象ですが、どちらかというとold snow向きかなと思いました。
上越のべた雪ではちょっと不安でまだ使っていません。
ベースにMidiumを入れ、イエローやモリブデン、グラファイトでレイヤーしたときにどうかを今度試してみます。またご報告します。

投稿: nukky | 2011年1月31日 (月) 12時52分

tuneさん

hard試してみました。
まず、念のためsoftを生塗りし、自作の”なんちゃってポカポカ”でプレヒート。mediumを130℃で、次にhardを150℃で塗りこみました。いずれもペーパー使用。
無事塗りこみ終了です。
最後に、ポカポカシールを貼って完成。

投稿: nato | 2011年1月31日 (月) 15時37分

to nukkyさん

コメントありがとうございます!
Medium使用していただきありがとうございます。
広範囲のWAXの位置づけですが、塗りやすさと
ベースメイクを意識してますので、硬度は高く、
設定して有り、ご指摘の通り低温向きです。

しかし菅平のハードバーンでは負け気味でしたで
しょうか、そのレベルですとHardをオススメ
します。

モリブデンやグラファイトなど固体潤滑系の添加
材入りWAXとの適合性はパラフィンベースなの
で問題ないと思いますが、リポート楽しみに待って
おります。

to natoさん

ぽかぽか^^&丁寧なステップでのHard塗りこみ
大変ありがとうございます。ぽかシールも貼って
いただき大変幸せです。

良い滑走性が出ることをお祈りしています。

投稿: tsune | 2011年2月 1日 (火) 00時27分

tsuneさんこんにちは。

1月の最終週の大会と、2月5・6と全て下地にMidium+Fを使用し、トップにSWIXのFC7を使用してみました。
1月の大会は雪温-6°だったのですが、かなり滑りました。
2月の5日は急激に雪温が0°程度に上がってしまったので対応できず状態でした。
自分の使用感ではMidium+Fは低めの雪温の時にかなり滑るような感じがします。(群馬の雪には合います)

あと、Soft+Fは作る予定はないですか?あると非常に有り難いのですが。是非、作っていただけると有り難いです。
Softを送っていただいたその日にBOXで使用して癒してあげました。


また、大会で使用しますので、結果を報告します。

ishii

投稿: ishii | 2011年2月 8日 (火) 09時07分

to Shigeさん

コメントありがとうございます!
そうですね。Medium+Fは広めの
温度設定としていますが、硬度からは、
低温向きです。寒いは暖かいを兼ねると
いう考えもあります。

Softも好感触でうれしいです。
+Fの試作もOKですのでご連絡しますね。

投稿: tsune | 2011年2月10日 (木) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150043/50670217

この記事へのトラックバック一覧です: おつかれさまです。:

« バリエーション | トップページ | 初滑り! »